下積みから始められる保育士|有資格者の求人を目指すには

契約面の利点と問題点

多くの企業で働いている人材派遣会社から来た派遣スタッフ達。派遣でのメリットとデメリットを派遣スタッフたちの本音から調査してみました。派遣か直接契約かなど働き方を選ぶ参考にしてみましょう。

保育士として働きたい場合

女性と子供

保育士という仕事

保育士の仕事は、非常に多岐にわたります。子供の世話やお遊戯の相手だけではなく、日々の事務作業や保育指導、保護者との相談など、子供を正しく育てるために様々なことをしなければなりません。そのため、保育士の仕事というのは非常に責任のある仕事となります。そんな保育士になりたいのであれば、国家資格を取得しなければなりません。国家試験をうける場合、大学や短大を卒業していれば試験を受ける資格を得ることができ、それ以外の場合でも児童福祉施設で高卒ならば2年以上2880時間以上、中卒なら5年以上7200時間以上の勤務期間があれば試験を受ける資格が得られます。しかし、試験を受ける資格と合格するか否かはまた別問題であり、その試験内容は困難を極めます。

バイトから始める

保育士に関する勉強をしたいのであれば、独学なら参考書を読み勉強をするのがオーソドックスです。しかし、より保育士という職業について深く学びたいのであればいっその事保育園でアルバイトとして働き、現場を勉強するというのも一つの手段です。この方法は、高卒あるいは中卒の場合において必須です。勤務をすることによって試験を受ける資格を得ることができるからです。そして、現場を知り、勉強することでより保育士として大事なことを学べるチャンスでもあります。しかし、無資格で行える保育士のバイトとはいわゆる補助であり、様々な雑用を多くこなすことになります。それでもいろいろなことを学ぶことはできるので、保育士を目指して頑張りましょう。

女性

貿易事務から独立の道

貿易事務のお仕事は英語力を活かせる他、パソコンスキルの工場にも役立つお仕事です。ここで下積みを積んで独立し、個人で貿易業を営むというのも一つの手段であり、実際に独立している人は多いです。