下積みから始められる保育士|有資格者の求人を目指すには

契約面の利点と問題点

仕事

働いている人の権利

人材派遣の会社は数多くあり、そこに登録している派遣スタッフ達は多くの会社に出向しています。そんな彼らが派遣スタッフをしている大きな理由には、権利を守ってくれるというメリットがあります。「サービス残業を強要された」「記録を改ざんされて、働いた分の給料が支払われていない」など、働いている人が、こうしたトラブルに遭遇することは、まだ多くの会社で起きています。直接契約をしていると、その後の対応が怖くて断れなかったり、勝手に改ざんされていたりするなど悪質なケースがあります。自分で立ち向かうにはかなりの労力や度胸が必要になるため、泣き寝入りしている人も社会には数多くいます。

派遣のメリット

直接契約には賞与や、交通費などのメリットも多くありますが、派遣には前述したようにサービス残業の強要や不正な超過労働などを断る権利があります。また契約上で断ることができるので、派遣会社との契約を盾にすることで理不尽な労働を引き受けずに済みます。超過労働についても、自分から派遣先の会社と闘う必要はなく、派遣会社が間に入って対処してもらうことができます。どちらが自分に向いているかなども考えて、契約形式を選ぶようにすると自分の権利を守ることができますよ。派遣のデメリットとしては、交通費が出ない契約が多いため、自宅の近隣でしか職場や職種が選べないことです。しかし、都心などアクセスが良い場所で暮らしている人にとって、派遣の登録をすることは、職種や職場を選ぶ幅も広いのでメリットにもなりえるでしょう。